これがコバエ対策決定版!家庭内で発生するコバエを撃退する方法!

「これがコバエ対策決定版!家庭内で発生するコバエを撃退する方法!」アイキャッチ 家事

家庭内に発生コバエを撃退するには、キッチンや浴室、洗面所、そしてゴミ箱などにミントスプレーを使うのがおすすめ!

夏場になると、コバエが発生して本当に嫌になりますよね!

汚らしいし鬱陶しくて困ってしまうでしょう…。

でも、そんな厄介なコバエも、あるものを使えば、とても簡単に家庭内で対策することが出来るんですよ。

今回はそんな、コバエを家庭内で撃退する方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コバエ対策は「ゴミ箱」から!スプレーするだけでOK?

コバエ対策は「ゴミ箱」から!スプレーするだけでOK?の見出し画像

コバエ対策はズバリ、まずゴミ箱にミントスプレーを吹きつけることから!

RinkCock
RinkCock
ミントスプレーは市販品でも良いですが、自作してもOKですよ。

スプレーボトルに水を入れ、ミントのアロマオイルを数滴垂らせば完成!

これを生ゴミを捨てるゴミ箱の中に吹きかけておきましょう

そうすれば、コバエがたかるのを防げるし、コバエだけでなく、そのほかの虫が寄ってくるのを防ぐことも可能!

というのも、虫は基本的にミントの香りを嫌うんですよね。

そのため、ミントスプレーを作っておいて、夏場はコバエが発生しやすい場所に吹きかけておくと良いでしょう。

特に生ゴミを捨てるゴミ箱は、コバエの発生源になりやすいので、しっかりとスプレーしておくと良いですね!

そうすればコバエ対策としてとっても効果的なんですよ。

RinkCock
RinkCock
ちなみに、我が家でも夏場は、ゴミ箱にミントスプレーを使っています。

そうすると、やっぱりコバエも寄ってこないし、アリなど他の虫も来なくなったので、すごく安心していますよ!

やっぱりミントって虫よけに最適なんですね!

ちなみに、ミント以外だと、ヒバやゼラニウムなどの香りも、コバエが嫌う香りなので、それらのアロマオイルでスプレーを作って、ゴミ箱に吹き付けておくと良いですね。

生ゴミの消臭にもなるし、虫よけにもなって一石二鳥ですよ!

でも私個人としては、やっぱりミントの香りのスプレーがおすすめなので、ぜひミントスプレーを作って、ゴミ箱に吹きかけるようにしましょう。

そうすれば家庭内でとても簡単にコバエ対策が出来ますよ!

スポンサーリンク

コバエ対策はキッチンだけでいい?家中で発生するコバエの対策は?

コバエ対策はキッチンだけでいい?家中で発生するコバエの対策は?見出し画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コバエはキッチンだけではなく、浴室や洗面所の排水口からも、湧いてくることがあるので、やっぱり対策が必要ですよ!

おすすめなのは、先ほど紹介したミントのスプレーを、ゴミ箱だけでなく、キッチンの三角コーナーや排水溝、そして浴室と洗面所の排水口にも吹きかけておきましょう

そうすればコバエの発生を抑えることが出来ます。

また、排水溝に関してはスプレーをするだけでなく、定期的にお掃除をしておくようにしましょう。

汚れが溜まっているとそこからコバエが発生してしまいます。

そのため、出来れば週に1回は、キッチンはもちろん、浴室や洗面所の排水口を掃除して、清潔を保つようにしていくと良いですね。

特に排水溝に髪の毛が詰まっていると、コバエが発生しやすくなるので、こまめに髪の毛は取り除くといいです。

コバエって本当に家のあちこちから湧いて出てきて厄介ですよね…。

でも、先ほど紹介したように、ミントスプレーを活用して、また排水溝や三角コーナーも定期的にお掃除しておくと、コバエの発生率をグンと減らすことが出来ますよ!

それでもコバエが発生する場合は、市販のコバエ撃退グッズなどを使って、コバエ対策をしていくようにしましょう。

おすすめはアース製薬の『コバエがホイホイ』です。

数あるコバエ対策グッズの中でも、かなり効果的なコバエ撃退商品なので、ぜひコバエに悩まされている場合は、購入を検討してみると良いですよ!

RinkCock
RinkCock
私も使ったことあるんですが、かなり良い感じですし、効果も抜群だったので、個人的にも本当におすすめです!

まとめ

家庭内のコバエ対策には、まずゴミ箱や三角コーナー、排水溝などにミントスプレーを吹きかけておくこと

そして、排水溝や三角コーナーなどは、定期的に掃除するようにして、清潔を保ちましょう。

それでもコバエが出てくる場合は、市販のコバエ撃退グッズを使って対策するのが良いので、ぜひ試してみてくださいね!

RinkCock
RinkCock
この夏はもうコバエに悩まされない生活を送りましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました