窓ガラスに付いたテープの跡!きれいな剥がし方や掃除法を紹介!

窓ガラスに付いたテープの跡!きれいな剥がし方や掃除法を紹介!アイキャッチ 家事

冬の間、窓ガラスに貼り付けた結露吸収シート、ベリベリ剥がすと、ところどころに両面テープの跡が残ってる!

こすってもガラスが黒くなるし、爪が汚れてしまう。

どうしよう・・・。

しかし、こんな時は、家庭用クリームクレンザーと、焦げ落とし用スポンジでカンタンにとることが出来ます

スポンサーリンク

窓ガラスに付いてしまったテープの跡の剥がし方をわかりやすく紹介

窓ガラスに付いてしまったテープの跡の剥がし方をわかりやすく紹介

準備物
家庭用クリームクレンザー(ジフ、ママレモンなど)ねっとりした感じのものです。
焦げ落とし用スポンジ。なければ、食器洗いスポンジのハード面でOK!

剥がし方
①テープをある程度、指先などで剥がします。
②焦げ落し用スポンジに、クリームクレンザーを少量つけて、そのままこすります。
③しばらくゴシゴシ。。。。あら不思議!綺麗に剥がれます。
④最後に、固く絞ったぞうきんで磨けばピッカピカ!

テープ跡は、ネトネトとした粘着質ですので、そのまま放置しておくと、黒くなりホコリや汚れをくっつけてしまい、なかなか落ちにくい頑固な汚れになってしまいます。

一番よいのは、テープをこまめに付け替えたり、剥がしたりして、長時間粘着させておかないこととは思いますが、なかなかそうはいきませんよね。

ですが、テープ剥がしスプレーを買ってこなくても、家庭にある身近なもので、カンタンに綺麗にはがすことが出来ますよ!

クリームクレンザーがなければ、歯磨き粉でも大丈夫。

クレンザーや歯磨き粉の中に入っている「研磨剤」が、ネトネト粘着に効くのです。

また、指先でうまくテープが剥がれない時は、要らないプラスチック製のポイントカードで、こそげるようにするとよいでしょう。

金属のヘラでは、ガラス面を傷つけてしまうかもしれないので、プラスチック製のものがおすすめです。

さらに、クレンザーなどでこするときは、クルクルと円を描くようにこする方がネトネトを広げずに、綺麗にすることが出来るでしょう。

ポイントは「研磨剤」と、焦げ落しです。

スポンサーリンク

窓ガラスに付いたテープ跡を掃除しながら綺麗にするには?

窓ガラスに付いたテープ跡を掃除しながら綺麗にするには?

テープ跡は、特別な液剤を使わなくても、家庭にある身近なもので綺麗に剥がすことが出来ることはすでに、述べてきました。

ですから、テープが剥がれ落ちる時や、うまくガラス面にテープが張り付かない場合には、テープ跡の汚れや剥がし跡が残っているサインです。

サインが出たときには、窓ガラスの掃除をするきっかけが出来たのだと割り切って、ついでに窓掃除もしてしまいましょう!

やはり、テープ跡をこすりとった後に、固く絞ったぞうきんで窓を拭きあげ、窓のさんにたまっているゴミやホコリも、ペットボトルを使って水を流して取り除きましょう。

それぞれの行程は、あまり力を入れずに出来ることばかりなので「ついで掃除」のつもりでしてみると、綺麗になっていくことが楽しくなり、以外とはかどるでしょう。

 まとめ

ラスが綺麗になると、部屋の中が見違えるほど明るくなります。

ピッカピカに磨き上げられた店舗やショーウインドウのガラス面に張られたポスターは、道行く人たちの興味をひきつけ、目を楽しませることでしょう。

もしも、デロンと剥がれ落ちそうなポスターがあればそこがチャンスです。ぜひ、クレンザーと焦げ落しを用意して、クルクル磨いてみてください。

ネトネトを落とすことが出来れば、次に貼り付けるテープの粘着力を上げることも出来ます。

少し手間はかかるかもしれませんが、結局は何度も貼り直す作業をしなくてよくなりますし、ネトネトが頑固な粘着に変わる前のケアですから、綺麗に剥がして、気持ちもスッキリさせましょう

もしかしたらピカピカガラスから、ラッキーが舞い込んでくるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました