【おせち料理】入ってる食材の意味とは?実はこんな意味が込められていた!

「【おせち料理】入ってる食材の意味とは?実はこんな意味が込められていた!」 家事

お正月に食べるものといえばおせち料理ですよね。

お母さんが作ってくれたり、スーパーで購入したり、お取り寄せをしたり…

今は種類もたくさんあるので、選ぶのも楽しい!

そんなおせちですが、

ひとつひとつに意味があることをご存知ですか?

今回は、おせち料理で見る食材にどんな意味があるのかご紹介していきます!

スポンサーリンク

おせちに○○は入れてる?定番おせちに込められた思いとは?

まずは昔からよく食べられている

定番おせちに込められた意味をご紹介しますね。

昆布巻き

「よろこぶ」という言葉と似ていることから、

喜びが多い1年になるようにという願いが込められています。

紅白かまぼこ

かまぼこの半円は日の出の形に似ているので初日の出を表しています。

紅と白は縁起の良い色とされています。

黒豆

「まめ」に働くという言葉とかかっていて、いつまでも元気にコツコツ働けるようにという意味が込められています。

田作り

小魚を田畑に肥料としてまいていたことから田作りと呼ばれています。

作物が豊かに実るよう願いが込められています。

栗きんとん

キレイな黄金色をしていることから財宝にたとえ、豊かな1年になるようにと願いが込められています。

えび

えびは長いひげがあり腰が曲がっていることから、長いひげをはやして腰が曲がるまで長生きできますようにという願いが込められています。

ごぼう

ごぼうは土の中にしっかり根を張ることから、安定した暮らしへの願いが込められています。

れんこん

れんこんは穴があいていることから、将来への見通しが良くなるようにという願いが込められています。

これだけは外せない!おせちに必須の数の子に込められた意味とは!?

プチプチした食感が美味しい数の子。

おせち料理には欠かせない!という方も多いのではないでしょうか。

そんな数の子にはどんな意味が込められているのかご存知ですか?

数の子の意味とは?

数の子はニシンという魚の卵です。

ニシンは地域によって呼び方が異なり、ニシンのことを「カド」と呼ぶ地域がありました。

ニシンの子=カドの子から名前が徐々に変わっていき、卵の数の多さという意味も加わったことで「数の子」と呼ばれるようになりました。

小さな卵がたくさん集まっている様子から、子宝に恵まれ、親から子供へずっと命がつながっていくようにという願いが込められているんですねー。

またニシンを「二親」という言葉とかけて、2人の両親からたくさんの子供が産まれるようにという願いも込められています。

さらに、色も黄金色をしていることから縁起が良いんですよね!

おせちにカニは入れていますか?カニに込められた意味はこんなものだった!

ここまでは、昔から定番とされているおせち料理とそれに込められている意味をご紹介しました。

最近はインターネットでお取り寄せできるおせちもたくさん増えましたよね。

伊勢エビやカニ、いくらなど豪華な食材が入ったちょっと贅沢なおせちも人気があります。

そんな最近定番化しつつある贅沢食材に込められた意味もご紹介!

カニ

カニは大きなハサミを上下に振る様子から幸運を招いていると考えられています。

またカニは卵を抱いて育てる習性から、子供を大切にするという意味も込められています。

カニは1度に何万というたくさんの卵を産むため、子宝に恵まれるという願いも同じく含まれます。

そしてカニはゆでることで赤色になりますよね。

赤色も昔から縁起の良い色とされ、勝利や厄除けの意味が込められています。

RinkCock
RinkCock
食卓にあるだけで豪勢な気分を味わえるカニ。

お正月くらいは贅沢に!というご家庭におすすめです。

いくら

また最近、ちょっと贅沢なお取り寄せおせちとして、いくらが入っているおせちも見かけます。

いくらは鮭の卵ですよね。

こちらも数の子と同じく魚の卵ということで、子宝に恵まれ、子孫繁栄への願いが込められています。

赤色のいくらは縁起も良く見た目も華やかですよね。

プチプチした食感は子供にも人気があるので、

お子さんがいるご家庭にもおすすめ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎年何気なく食べているおせちのひとつひとつに意味が込められていることを知っていただけたと思います。

お正月に家族と一緒に縁起の良いおせちを食べて今年1年が素晴らしい1年となるよう願いを込めてみてはいかがでしょうか。

RinkCock
RinkCock
そうすれば、きっと今年もいい年になりますよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました