冷蔵庫の寿命はメーカーで違う?大手メーカーの冷蔵庫を比較!

「冷蔵庫の寿命はメーカーで違う?大手メーカーの冷蔵庫を比較!」アイキャッチ 家事

最近、冷蔵庫の冷えが悪くなったし…

冷凍庫も「強」にしているのにアイスクリームがあんまり冷たくない…

ひょっとして、我が家の冷蔵庫、故障してるの?

それとも寿命?

RinkCock
RinkCock
買い換えるにしても高い買い物だし、せっかくなら長く使えるものがいいわ。

女性なら誰しもこのように考えるでしょう。

冷蔵庫にも寿命はあり、平均で10年程と言われています。では、メーカーによって、寿命は異なるのか大手4社を比較してみます。

スポンサーリンク

冷蔵庫の寿命はメーカーで違う?大手メーカーの冷蔵庫を比較!

大手4社を比較

その1.冷蔵庫の寿命=シャープは平均10年

冷蔵庫の寿命=シャープは平均10年

シャープといえばおなじみのプラズマクラスター。

除菌作用のある野菜室なので、野菜表面に付いた菌を除去することで鮮度を長持ちさせることに成功しているようです。

こだわっている分、野菜室は少し小さめで中段に三分の二くらいしかありませんが、冷凍室は大容量です。

その2.冷蔵庫の寿命=日立は平均10~15年

日立=平均10年から15年

日立は冷蔵室に工夫がみられます。

菌の繁殖を抑え、ラップなしでも鮮度を長持ちさせることができるようです。

また機種によっては、中段と下段の温度帯を変えることが可能なので、野菜室と冷凍室を好みの場所に設定できます。

おしゃれな外観のものが多いのも魅力です。

その3.冷蔵庫の寿命=東芝は平均10~15年

東芝=10年から15年

東芝は、キッチンでのいつもの作業効率に焦点をあてた冷蔵庫です。

なんといっても、大容量の野菜室が中段にあること。

野菜を取り出すときに、かがまなくても出し入れしやすい!

また、機種によってはスマホアプリと連動させて見守り機能や食材管理を遠隔操作できます。

その4.冷蔵庫の寿命=パナソニックは平均10~15年

パナソニック=平均10年から15年

冷凍技術にこだわっているパナソニック社。

大容量の冷凍室に加え、急速冷凍ができる部屋、冷蔵室にも完全に凍結させないことで鮮度を保つ部屋を搭載。

冷凍、冷却技術がちりばめられた、冷蔵庫としての働きをマルチにこなす機種が多いといえるでしょう。

スポンサーリンク

うちの冷蔵庫寿命?そう感じたら買い換えどきかも!?

うちの冷蔵庫寿命?・・・そう感じたら買い換えどきかも!?

冷蔵庫の寿命を、大手4社で比較してみましたが、メーカーによる差はあまりみられないことがわかります。

家電量販店の販売員の方も、「少し小さくて比較的安い価格帯のものは、部品代を抑えているので、寿命もすこし短いですが、一般的な冷蔵庫は平均して、やはり10年くらいだ」と説明されていました。

では、10年という年月の理由を2つの点から考えてみます。

人間を中心に考える

1点目は、メーカーと消費者という人間を中心に見たときです。

ほとんどのメーカーが、9年くらいで修理や交換に必要な部品の製造をストップするようです。

また、消費者である私たちのライフスタイルも10年も経てば大きく変わります。

生まれたばかりの赤ちゃんは成長して食べ盛りとなり、より大きなものが必要になるでしょうし、一方、結婚や就職、進学などで家族が巣立ち、大きなものよりもコンパクトで機能的なものが喜ばれるかもしれません。

冷蔵庫を中心に考える

2点目は、冷蔵庫を中心に見たときです。

1年365日、休みなく動き続ける彼らは、相当な持久力を持った機械なのです。

その上、夏になれば冷凍庫はパンパン、氷は休みなく作らないといけないし、子供たちがひっきりなしに開け閉めしてきて庫内温度を保てない!!!

ちょっと休ませてほしいな。

だけど、いきなり私たちが休んじゃうと、困るでしょ?といわんばかりに、彼らは、モーターの音を大きくしたり、アイスを柔らかくしたりして、私たちに、SOSを求めているのです。

まとめ

現代の日常生活において、洗濯機が故障することよりも、冷蔵庫がない方が不便です。

ですから、モーター音が大きくなり、冷凍食品が柔らかいと感じたら買い換えをぜひ早急に考えてください。

冷蔵庫は決して安い買い物ではありませんし、配送も1.2週間くらいはかかることを覚悟しないといけません。

私自身も冷蔵庫を買い換えましたが、そのタイミングはいきなりやってきたのです。

夏休みだったので家族の食事も3食必要ですし、買い置きが出来なくなりとても不便でした。

しかし、モデルチェンジを控えた時期であったためか、比較的新しい機種が型落ちとなり、高い割引率で購入できたので、お買い得感がありました。

しかし、価格と容量だけを比べて購入したので、今考えると少しもったいなかったような気もします。

ですから、皆さんには、ぜひ、壊れる前に買い換えを検討して、じっくり選ぶとなかなか楽しいと思いますよ。

そして、故障する前に、ためらわずに購入する。これが買い換えの最大のポイントです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました