Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)38話(第2期13話)の感想

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)38話(第2期13話)の感想」アイキャッチ TV

【Re:ゼロから始める異世界生活】略して「リゼロ」

RinkCock
RinkCock
白鯨の討伐に成功した矢先、レムの記憶が失われていることの気づくスバル…

なぜ…?

どうして…?

予想できない展開が巻き起こす魂震わすストーリー!

今シーズンでも困難な壁が次々と立ちはだかり、くじけそうなエミリア…。

そして先走るスバルの想い…。

魔女との駆け引きで揺れる決意…。

パターン化されない周囲のみんなに成す術のないスバル…。

果たして全員を助け、前に進むことができるのか?

繊細な心理描写、目を見張る展開、鮮明に残る映像…すべてが人気のリゼロ!

一度見たらやめられません!!!

しかし!

私が住んでいる地域では、地上波放送がないので、ABEMAプレミアムで見てます。

リゼロを視聴できる配信サービスは多数あるので、見逃した方も大丈夫ですよ!

録画を忘れても、放送されていない地域に住んでいても問題ありません!

ゆっくり楽しんでくださいね。

\第1期を見逃した方も、もう一度見たい方も/
無料で
「リゼロ」
を見る方法はこちら

 

今回の記事では

  • 【リゼロ】これまでのおはなし
  • 【リゼロ】38話(第2期13話)「泣きたくなる音」の予告
  • 【リゼロ】38話(第2期13話「泣きたくなる音」)の感想・口コミ
  • 【リゼロ】今後の展開予想

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

【Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)】これまでのおはなし

リアルの世界で平凡な青年・スバル。

この物語はスバルがファンタジー世界に入り、活躍していく物語。

一言で説明すると、そのような説明になってしまいますが、実際にはそんな単純な話ではありません。

RinkCock
RinkCock
想像以上にシリアスで、衝撃を受ける作品。

人間の醜い部分、美しい部分に焦点を当て、考えさせられます。

ある日、主人公であるナツキ・スバルがコンビニからの帰り道、いきなり異世界へ召喚されてしまいます。

右も左もわからない異世界。

頼るものがなく無力な青年に手を差し伸べたのは銀髪の美少女。

唯一手にした力で大切な人を守るために無力な少年が過酷な運命と戦っていく。

強いわけでも、かっこいいわけでもないスバル。

ただ誰かのために考え続ける苦悩の日々。

「俺が必ず、お前を救ってみせる。」

魔女教大罪司教「怠惰」担当ペテルギウス・ロマネコンティを打倒し、エミリアとの再会を果たしたが…

なぜか失われたみんなの中の「レムの存在」

クルシュの様子もいつもと違う…

原因はわかったものの、今あるチカラでどう立ち向かうのか?

死に戻りを繰り返せばどうにかなっていた今までとはもう違う!

スバルは大切な人を守れるか…!?

37話(第2期12話)「魔女たちの茶会」のおはなし

ロズワールの執念に嫌悪感を示しながら、スバルはエキドナに会おうと墓所を訪れる。

自分が死んだ後、見るはずのなかった「有得べからざる今を見ろ」

そしていよいよ登場したエキドナ。

そして提示されるエキドナとの契約。

契約の内容は「スバルの苦境時にエキドナが支える」

決して悪い契約ではないことも理解したうえで最期の質問を問いかける。

「ベアトリスとの契約」について…

その答えの恐ろしさ・意地の悪さ・非情さに魔女を信じてはいけないと実感した回でした。

【Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)】38話(第2期13話)「泣きたくなる音」の予告

二つ目の試練の中で様々な出来事を垣間見たスバル。

擦り切れてしまいそうになったスバルを動かしたのは、スバルのことを誰よりも愛してくれて、そして誰よりも厳しい人だった。

目を覚ましたスバルは、力を貸そうと手を差し伸べるエキドナに、その手を取ることはないと告げる。

そのとき闇のヴェールを纏った嫉妬の魔女が姿を現し、彼女もまたスバルに手を差し伸べる。

その手を拒絶したスバルは誰の手も借りず自らの力だけで全てを解決すると叫ぶ。

(引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/#Ep38)

とうとうサテラか!?

ドキドキするー!

何を語るのか?

スバルに固執する理由は何だろう?

そしてのびのびになっているけど、聖域はいつ解放できるの?

来週は少しでいいから解決に近づいてほしい!

スポンサーリンク

【Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)】38話(第2期13話)「泣きたくなる音」の感想・口コミ

「自分が誰より傷つけばいいなんてあまりに卑怯。

その歪み方は魔女より気持ち悪い。」

ミネルバの一言。

そうかぁ、確かにそうだよね。

サテラも登場して、何を語るのかと思いきや「自分を愛して守ってあげて。」

その言葉からは、スバルが救うべき人の中にはスバル自身も入っていることを指していました。

つまり「オズワールのようにはならないこと」

現実世界で友人がおらず、両親の愛に気づいた第一の試練、そして異世界で築いてきたみんなの愛。

それが第二の試練。

そしてスバル自身が「死に戻り」以外の存在価値、自分から自分への愛に気づいたお茶会でのできごと。

「みんなに好きだと思ってもらえてると思っていい。」

そういう風に感じれたのは初めてだったかもしれませんね。

それでもなお手を差し伸べるエキドナ。

RinkCock
RinkCock
ほんと懲りないですね、エキドナさんは(笑)

「死」を道具と思えば、差し出すものは「心」だけ。

自分も誰かの未来も両方取るというのは強欲。

確かに、本来なら自分の命を守るだけで精いっぱいなのが普通ですもんね。

でもその手を振り払いながらも、いろいろなことに気づかせてもらった魔女たちに感謝を示すスバル。

その素直な感謝の心に、エキドナはすこし人間らしく共感する姿を見せました。

そしてサテラの手を取るスバル。

「必ず私を殺しに来てね。」

「俺が必ずおまえを救ってみせる。」

また新たなスタートラインに立ちましたね。

そして再度対峙するオズワールの告白。

本当に次から次へと…オズワールのサイコパスっぷりがとまらない!泣

スバルの覚悟を研ぎ、唯一無二の1人を選ばせるために何もかも犠牲にさせたい模様です。

再度苦しみ始めるスバル。

そんなときのオットーの激は響きましたね。

【Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)】今後の展開予想

第2期の前半終了!

もうお腹いっぱいですね(笑)

後半はもうもがいてもがいてもがいて、スバルの心が何個あっても足りないほどでしたよね。

「エキドナの試練・支援が受けられない現状でどう立ち向かうのか?」

今後はその展開になっていきます。

しかし、オズワールあんなんだし、何回死に戻っても解決策見出せる感じないし、で本当にみんなを助けられるんですかね?

それともやっぱエキドナと手を組むの?

そもそも「死に戻りのスタート地点」ってどの時点で書き変わるんでしょうね?

その秘密さえわかれば、オズワールだって説き伏せれてしまうかもしれないけど…

第2期2クールは2021年1月スタートです!!

まとめ

今回の記事では

  • 【リゼロ】これまでのおはなし
  • 【リゼロ】38話(第2期13話)「泣きたくなる音」の予告
  • 【リゼロ】38話(第2期13話「泣きたくなる音」)の感想・口コミ
  • 【リゼロ】今後の展開予想

についてまとめてみました。

いよいよスタートのRe:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)第2期

ABEMAプレミアムでの放送は毎週水曜日23:00からですよー!

\第1期を見逃した方も、もう一度見たい方も/
無料で
「リゼロ」
を見る方法はこちら

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました