【Slack(スラック)】通話・ビデオ通話のやり方とできないときの対処法

「【Slack(スラック)】通話・ビデオ通話のやり方とできないときの対処法」のアイキャッチ テクノロジー

こんにちは!在宅ワーク歴10年のRinkCockです。

早速ですが、今回は【Slack(スラック)】の通話やビデオ通話の詳しいやり方と、通話ができないときの対処法をご紹介します。

「正直、Slackって名前が違うだけで、使い方は他のwebサービスと一緒でしょ?」って思っていませんか?

実は私も最初はそう思っていました。

しかし、実際にSlackを使ってみると、通話がつながらなかったり、どこから通話をかけるのかわからなかったり…いざ使う!となったときに困ってしまったんです。

そこで今回は、急に使用することになっても慌てないでいいように、Slackを使って自分から発信する方法とかかってきたときに取る方法について詳しくまとめてみました!

簡単に説明すると、

①ダイレクトメッセージから
②かけたい相手を選び、
③通話アイコンを選択する

でかけることができますよ!

さらに後半では、つながらないときの対処法についても載せています。

Slackで通話がつながらないときの一番の原因は「おやすみモード」です。

ほとんどの場合には「おやすみモード」を解除すると解決しますよ!

また、他の対処方法についても載せています。

RinkCock
RinkCock
写真付きでわかりやすく書いていきますので、ぜひチェックしてみてください。
ちなみにミュートにする方法はこちらでご紹介しています!
【Slack(スラック)】通話中にミュートにする方法と見分け方
スポンサーリンク

【slack(スラック)】通話・ビデオ通話をかける方法

slackで自分から発信するときは、①パソコンから発信する方法と②iPhone・Androidから発信する方法があります。

①パソコンから発信する

パソコンからの発信方法には以下の2通りの方法があります。

ダイレクトメッセージから発信する方法は、1対1で通話する際に使用し、

チャンネルから発信する方法は、グループで会話する際に使用します。

※ちなみにグループで会話を開始するためには、有料プランである必要があります。

1.ダイレクトメッセージから発信する方法→1対1で通話する
2.チャンネルから発信する方法→グループで会話する(最大15人)※有料プラン

⑴ダイレクトメッセージから発信する(1対1で通話する)

Slackにログインすると、下のようにデスクトップが立ち上がります。

Slackログイン後の立ち上がりの画面

すると、左のサイドバーが立ち上がっているので、ダイレクトメッセージの中から、かけたい相手を選択しましょう!

今回、私はサクモさんにかけることにしました。

ダイレクトメッセージからかけたい相手を選択する

かけたい相手を選択し、画面が切り替わると、右上に「電話アイコン」が出てくるので、そこをクリック!

右上の通話ボタンをクリックする

電話アイコンを画面が切り替わり、通話画面になります!

ビデオ通話をしたいときは、「カメラボタン」をクリックしましょう。

ビデオ通話をしたいときはカメラボタンを押す

⑵チャンネルから発信する(グループで会話する)

トップ画面からの左サイドバーの中にあるチャンネルの中から、通話するグループを選択します。

チャンネルの中から通話を開始するグループを選択する

次に右上の「詳細」を選択します。

右上から詳細ボタンをクリックする

「通話を開始」をクリックすると、通話が開始されたことがチャンネルに通知されます。

詳細から通話を開始をクリックする

②iPhone・Androidから発信する

Slackのアプリを立ち上げ、左上のアイコンをタップします。

Slackアプリを立ち上げ、左上のアイコンをタップする

次に、ダイレクトメッセージの中から、通話したい相手をタップします。

ダイレクトメッセージの中から、かけたい相手を選択する

続いて、画面上部の相手の名前をタップしましょう!

相手の名前部分をタップする

タップすると、下記の画面が開きますので、「通話を発信する」をタップして発信!

通話を発信するをタップして発信する

ちなみに、iPhone・Androidではビデオ通話はできません。

スマホでの通話画面

スポンサーリンク

【slack(スラック)】かかってきた通話・ビデオ通話をとる方法

ここでは、かかってきた通話・ビデオ通話をとる方法をご紹介します。

①かかってきた通話・ビデオ通話をパソコンでとる方法

パソコンに通話がかかってくると、通話画面が表示されるので、通話ボタンをクリック

PCでSlackの着信を取る方法

RinkCock
RinkCock
パソコンの音量を上げておくと、着信音もきちんと鳴りますよ!

②iPhone・Androidでかかってきた通話・ビデオ通話をとる方法

iPhone・Androidにかかってくるときも同じです。

通話ボタンをタッチするとつながります。

スマホでSlackの着信を取る方法

【slack(スラック)】通話ができないときの対処方法

通話ができないときには、以下のような対処方法があります。

①「おやすみモード」を解除する
②音声がミュートになっていないか確認する
③再起動する
➃通話接続テストを実施する
ここでは、上記の対処法を詳しく説明していきますね。

「おやすみモード」を解除する

通話がつながらないときの一番の原因は、相手が「おやすみモード」になっていることです。

電話をかけるときに、ダイレクトメッセージの名前の横が

相手が●以外のアイコンのときはつながらないので注意する

「おやすみモード」マークになっているときは、通話がつながりません。

パソコンの「おやすみモード」を解除する方法

パソコンの「おやすみモード」を解除するには、まず左側のサイドバーにある自分の名前をクリックします。

左側のサイドバーから自分の名前をクリックする

「おやすみモード」をクリックして、

おやすみモードをクリックする

「今すぐ通知を再開」をクリックすると、解除されます。

「今すぐ通知を再開」をクリックする

iPhone・Androidの「おやすみモード」を解除する方法

iPhone・Androidもやり方は同じです。

まずは、画面右上のアイコンをタッチします。

右上にあるアイコンをクリックする

「おやすみモード」をタッチ。

おやすみモードをタッチする

次に「オフにする」ボタンをタッチ

オフにするボタンをタッチする

これで通話ができるようになります。

音声がミュートになっていないか確認する

まずはパソコンやスマホ本体の音声をチェックしましょう!

それでも音が聞こえないときは、デスクトップ上の通話ウィンドウで「歯車アイコン」をクリックして、通話の音声設定も確認してみましょう。

入力と出力のデバイスが適切に選択されていることをチェックしてみてください。

再起動する

Slack アプリを再起動してから電話をかけ直してみてください。

Google Chrome で Slack を使用している場合は、Chrome を終了してブラウザを再起動してから、Slack を再起動してみましょう!

通話接続テストを実施する

それでもつながらないときは、Slackの通話接続テストを実施してみてください。

この結果で、問題が発生している場所がわかります!

ちなみに通話接続エラーの場合は、以下のような方法が紹介されています。

Slack での通話の接続がうまく行かない場合は、次のことを確認してください。

・ネットワークがポート 22466 へのアウトバウンド UDP 接続を許可するように設定され、 *.slack-core.com をホワイトリストに登録していることを確認してください。

・上記が不可能な場合は、*slack-core.com でポート 22466 の TCP を許可する必要があります。

・上記 2 つのいずれも不可能な場合は、*slack-core.com でポート 443 (任意で HTTPS プロキシを使用) の HTTPS を許可する必要があります。IT チームに設定してもらうこともできます。

(引用元:https://slack.com/intl/ja-jp/help/articles/115003538426-Slack-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0)

まとめ

今回は、「【Slack(スラック)】通話・ビデオ通話のやり方とできないときの対処法」と題してお送りしました。

新しいwebサービスは便利ですが、やり方までチェックするのは面倒ですよね。

そんなときはぜひこのサイトを参考にしてみてください。

簡単に説明すると、

①ダイレクトメッセージから
②かけたい相手を選び、
③通話アイコンを選択する

でかけることができますよ!

また、Slackで通話がつながらないときには「おやすみモード」を解除しましょう!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみにミュートにする方法はこちらでご紹介しています!
【Slack(スラック)】通話中にミュートにする方法と見分け方

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました